顔面多汗症 病気

顔面多汗症に隠された病気とは?

体質によって汗を掻きやすい人とそうでない人がいますが、誰でも少なからず顔にも汗を掻くものです。
時にはポタポタと滴る程に顔汗を掻く場合もあるでしょう。
しかし、激しい運動をした後や辛いものを食べている時など一時的に顔汗が酷くなるのは異常でも病気でもなく当たり前の現象です。

 

ただ、普段から異常な顔汗に悩まさせている場合、そこには何らかの病気が隠されているかもしれません。
顔汗に隠されている病気にはどんなものがあるのでしょうか。

 

異常な顔汗で一番多いのが、顔面多汗症によるものです。
これは、交感神経が常に緊張してしまう事によって顔に汗を大量に掻いてしまうというものです。
はっきりとした原因は分かっていませんが、顔面多汗症はストレスが一番の原因だとも言われています。

 

上記の顔面多汗症は、病気といっても必ずしも治療をする必要はありません。
極端に言えば、自分が気にならないのなら放置しても構いませんし、対処療法で上手く付き合っていくという方法もあります。

 

ですが、中には早期に治療を開始しなければいけない病が顔汗に潜んでいる可能性もあります。
それが、糖尿病やバセドー病が顔汗の原因となっているケースです。

 

糖尿病の症状の一つとして自律神経のバランスが崩れる事があり、この自律神経が狂う事で異常に顔汗を掻くようになってしまう場合があります。
またバセドー病では、甲状腺ホルモンが過剰に分泌され新陳代謝が過度に促進される事によって激しく顔汗を掻いてしまいます。

 

更に夜眠っている時に顔汗が激しくなるという場合には、悪性リンパ腫という血液の癌に犯されているケースもあります。悪性リンパ腫では、初期症状として寝汗が現れる事があり、顔にも酷く汗を掻いてしまう事があるのです。

 

このように顔汗は、体質などではなく大変な病気が原因の事もあるので、たかが顔汗と侮ってはいけません。
顔汗の他にも少しでも気になる異常がある場合は、きちんと病院で診察してもらう事をお勧めします。