顔汗 健康 病気

顔にばかり汗をかいていませんか? 病気かも?

暑い夏は汗をかくのは普通ですよね。でも、人によっては顔ばかりに汗をかく人がいます。
今、思いあたる人、なぜ顔ばかり汗をかくのか気になりますよね?
そこで、全身からではなく顔だけ汗がでるのはなぜなのか、その原因について見ていきましょう。

 

なんで顔だけ汗が出るの?

 

体が健康な人なら、汗は全身から出るのが普通です。
では、顔にばかり汗をかいてしまうのはなぜなのでしょうか?

 

まず、その原因として考えられるのは運動不足です。
発汗の最も重要な働きは体温調節である事は知っている人も多いでしょう。
体温が上昇しすぎると脳細胞がダメージを受けます。ですから、身体から汗を出すことで熱を逃がしているのですね。

 

体温調節をするために汗を分泌しているのは、エクリン腺です。
これは汗腺の事です。エクリン腺はたくさんありますが、すべてのエクリン腺が汗を分泌している訳ではありません。実は実際に活動しているのは全体の半分程度とされています。

 

また、運動不足などで熱の発生が極端に少ない生活をすると、汗を分泌する機会が減ります。
そのため、心臓から離れている冷えやすい下半身や腕などの汗腺は休眠状態に入ります。

 

すると、体温調節をする際には、比較的動きの多い顔などの汗腺から分泌される汗が増えるのです。
ですから、顔ばかりに汗が出るのです。

 

顔汗で悩んでいるならば、こちらの記事も合わせてお読み下さい。顔汗を止める対策方法とは

 

顔汗が極端な場合は病気も疑ってみる

 

暑い時や、激しく運動した時、緊張している時、辛い食べ物を食べている時などは顔汗が出るのはごく普通の生理現象です。みんな思い当たること事があると思います。

 

でも、こういった条件はないのに常に顔が汗で湿っている、緊張した時にしたたり落ちるほど、滝のように汗が流れえるならこれは顔面多汗症の疑いがあります。

 

顔面多汗症とうのは必要以上に汗をかいてしまう多汗症の一種です。
病的なレベルで顔に汗をかくのが症状です。

 

実はこの病気はまだはっきりした原因は掴めていません。
しかし、交感神経が活発になりすぎる事で起こると考えられています。
病院で治療を受ける事は可能なので、気になる人は受診されてもよいでしょう。