舞妓 顔汗 止め方

舞妓さんの顔汗を止める秘訣とは?その方法を公開

暑い季節、汗をかいて新陳代謝を活発にするのは健康的で良いことですが、「どうしてもこれだけは避けたい!」と思うのが顔汗です。

 

せっかく綺麗にメイクしても顔汗をかいてしまえば、メイクが崩れて台無しになってしまいます。
お直ししてもなかなか朝のような綺麗な仕上がりに戻すことは難しいですし、また暑い外に出れば、汗でメイクが崩れてしまうのは、時間の問題です。

 

さらには、朝の満員電車の中で崩れたメイクが向かいに立っていたサラリーマンのワイシャツを汚してしまわないか?とハラハラした経験はありませんか?

 

これらは、顔汗を止めることで全て解決します。
それは、とても意外に簡単な方法で行うことが出来ます。

 

サラシやタオルなどの帯状の布をぐるぐると脇の下付近に強めに巻くだけです。
これで上半身の汗をぴたりと止めることが出来るのです。

 

これは、芸者さんや舞妓さんが日常的に行っている方法で、これをしておけば、お座敷で踊りなどを披露しても顔汗をかいたりせずにすっきり綺麗なままの顔でいられるとのことです。

 

ただ、舞妓さんたちの場合は、着物を着るときに帯を締めたりしているので殆ど目立ちませんが、一般の女性が洋服を着た時に同じことをやると、脇の下や胸の辺りが妙にモコモコ膨らんでしまって不自然なシルエットになってしまいます。

 

こういう場合は、幅広の紐を脇の下あたりに一本巻くだけでも効果が期待出来るそうです。
また汗止め専用のベルトも市販で売られていますので困っている方は、一度、使ってみてはいかがでしょうか。

 

脇の辺りにしっかりと止めておけば、顔汗を防ぐばかりでなく、洋服への脇の汗滲みを防ぐことも可能です。

 

但し、あまり強く締め付けすぎてしまうと、体調を崩す原因になるので注意してください。
これは、あくまでも脇の下の汗腺や、胸の上辺りにある汗を止めるツボを抑えるために行うものです。
ギュウギュウに締め付ければ締め付けるほど効果が高くなるというものではありません。

 

さらに簡単に顔汗を止めたいならばこちらを参考に:顔汗を止める方法