顔汗 運動不足

運動不足を解消して顔汗対策!

夏は誰でも汗をかきますし、健康な人なら基本的に全身から汗が出るのですが、人によっては顔だけ汗をかくというケースがあります。
そしてこの顔汗の原因として考えられるのが運動不足だと言えるのです。

 

人間が汗をかくのは体温調節の為で、体温が上がり過ぎると脳細胞にダメージがあるので汗により熱を逃がす効果があります。

 

基本的には汗を分泌するエクリン腺は全身にありますが、体を動かしていない人の汗腺は、休眠状態になってしまい体温調節の為に心臓から近く動きが多い顔の汗腺ばかりが活用されることになってしまうのです。

 

また普段から運動をして汗をかいている人の汗はサラサラとしていますが、運動をしていない場合は汗腺が衰えミネラルが汗と混じってしまうので、ベタベタした蒸発がしにくい汗になる傾向が強いのです。

 

だから顔汗をかく人は運動をしていない人なのでベタベタをした汗をかくケースが多くより汗が気になってしまうということになります。

 

また女性の場合は顔汗をかくと化粧が崩れてしまうので必用以上に汗を気にする結果となります。

 

勿論あまり顔汗が酷いケース、普段から運動をしているのに顔汗をかく場合は何らかの異常の場合が考えられるので1度病院に行った方が安心だと言えます。

 

顔汗の対策としては化粧をする前に保冷剤を使用して首の後ろの部分を冷やしてやると体感温度が下がり顔汗をかきにくくなります。

 

他にも女性ホルモンは汗をサラサラにする働きと発汗を抑える働きがあるので、大豆などの食品イソフラボンを多く含みイソフラボンは女性ホルモンと似た働きをするので顔汗の予防に効果が期待できます。

 

あとは夏に暑いからといってシャワーで済まさずに、しっかり入浴することをオススメします。
普段運動をしない人は半身浴などでしっかり汗を流すことによって、休眠している全身の汗の腺を起してやすことが重要です。
そうすることで顔からばかり汗をかくことはなくなりますし、汗もサラサラになります。

 

もっと簡単に顔汗を止める対策方法はこちら